合宿型ボランティア『国際ワークキャンプ』

TEAM Mfanganoではムファンガノ島の孤児院スクール『St James community school』にてボランティアの募集を行なっています。

2012年に開校しこれまで多くの孤児の受け入れを行なっている St James community school では教育指導者、スクールに隣接する農場の農業従事者の人手不足が深刻な問題となっています。

このボランティアプログラムでは St James community school の持続可能な運営をサポートすることを目的としています。

参加にあたり、語学力や特別なスキルは必要ありません。

期間、ワーク内容は参加希望者さまと当サイト管理人とSkype面談を行い決定いたします。

プログラム詳細などお気軽にお問い合わせください。

St James community school WEBサイト:https://stjamescommunityschool.wordpress.com

−プログラム例−

−参加費例−

1週間-1万円×4週間=4万円

※1ヶ月以降は1週間-5千円の減額が適用されます。

お支払いいただく参加費は宿泊費、朝昼晩の食費、ピックアップ時の交通費、孤児院の運営費として寄付されます。

よくある質問

Q ムファンガノ島までどうやって行けばいいですか?

A ナイロビからビタ行きのバスに乗り約13時間、ビタから船で約1時間ほどです。バス会社もいくつかありますので詳細に付きましてはお気軽にお問い合わせください。

Q ムファンガノ島での食住はどうすればいいですか?

A ボランティア期間中はホストファミリーの家に宿泊となります。食事もホストファミリーが提供します。

Q 携帯の充電はできますか?

A 宿泊先で可能ですが、停電する場合もあるので持ち運び充電器の携帯を推進しています。

Q お風呂やトイレはありますか?

A 水道が通っていないため、湖か雨水を使い浴びてもらいます。

Q ボランティア参加費はどこに支払われますか?

A 参加費は宿泊先のホストと孤児院の運営費、ピックアップ代他に使用されます。

上記以外のこと、ご質問もお気軽にお問い合わせください。